滋賀の風俗・デリヘル高収入求人サイト | リッチアルファ

滋賀版
滋賀版求人数
27
全国版求人数
1319
お知らせ
ギャルズネットワーク滋賀

さつまいもvsかぼちゃは? 積極的にとりたい「老けない食材」

さつまいもvsかぼちゃは? 積極的にとりたい「老けない食材」



老けないカラダのためにはサプリなどもありますが、まずは食生活から。体内の若さを加速させないようにすると、おのずと肌や髪にも現れてくるものです。
今回は、管理栄養士の新生暁子さん監修の『カラダにいいのはどっち?』(セブン&アイ出版)から、老けないカラダのための食事の摂り方、食材についてお伝えしていきます。

老けないカラダをつくるには…?

食事で大切なのは抗酸化力が高い食品をとること。カラダが持つポテンシャルを最大限に引き出し、錆びるスピードをゆるやかにすることができます。

抗酸化力がある栄養素は皮膚や粘膜に作用するビタミンA、疲れを取り、ストレス軽減が期待できるビタミンC、活性酸素の害から体を守り、老化や生活習慣病の予防効果が期待できるビタミンEです。

とりわけ注目したいのは、ワインやコーヒー、ブルーベリーなどのベリー類に多く含まれるポリフェノール。 体内の活性酸素を除去する働きをしてくれます。
抗酸化力が高い食品を積極的に食べること。それが老けないカラダをつくり、ひいては若々しさを保つ秘訣となります。

老けないのはどっち?

ブドウVSリンゴ
ともにアンチエイジングに効果的なポリフェノールを含んでいますが、リンゴのポリフェノールの抗酸化力のほうが強力です!

ごまVSすりごま
強い抗酸化作用があるごまのセサミン。 同じごまでも表皮がない状態のすりごまは消化しやすく栄養素を余さず摂取できます。

生ガキVSホタテ
生ガキに含まれる亜鉛は、カラダの細胞分裂には欠かせない栄養素。肌や細胞膜のターンオーバーを促して、全身を若返らせてくれます。

磯辺もちVS安倍川もち
アンチエイジング目的なら安倍川もちのきなこに注目。大豆製品には、抗酸化物質のイソフラボンと食物繊維が豊富に含まれています。

かぼちゃVSさつまいも
どちらも栄養価の高い野菜ですが、抗酸化作用のあるβ-カロテンが多いのはかぼちゃ。そのうえエネルギーが低く食物繊維も豊富です。

高い抗酸化作用を持つ栄養成分といえば、ポリフェノールのほか、カロテノイド、抗酸化ビタミンも。細胞を元気にしたり、コラーゲンを生成しハリを高めてくれます。
食品が持つ抗酸化作用を利用して若さをキープ!

★☆★☆お問い合わせはコチラ★☆★☆★
TEL :0120-010-300 (24時間対応)
携帯:090-8887-0040(24時間対応)
Mail:s19800504s@docomo.ne.jp
★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆

>>LINEでのお問い合わせ<<
★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆

求人チャット応募するLINEで応募メールで応募0120-010-300090-8887-0040
LINEでお問い合わせ